お取扱い上の注意

Product Care and Information

お取り扱いに関しては、以下のご注意をお読みいただき、末永くご愛用下さいますようお願い申し上げます。

お取扱い上の注意

- 汗や雨などの水に濡れますと、洋服や他の製品に色が移ることがあります。

- 濡れた場合は、早めに柔らかい布で軽くおさえるようにして、水気を取ってから陰干しして下さい。

- 強く拭きますと革にムラができることがあります

- 汚れた場合は、革の種類によってお手入れ方法が異なります。一般的には馬毛ブラシなどソフトなブラシにてホコリや汚れを落とす、もしくは乾いた柔らかい布で軽く拭いて下さい。それでも落ちない時は、それぞれの素材にあったクリーナーを使用して下さい。

- ベンジン、シンナーなどの揮発性溶剤は使用しないで下さい

- 金属部分は手垢等が付着したまま放置すると、錆や変色の原因になりますので、使用後は乾いた柔らかい布でお手入れして下さい。

- 製品は通気性の良い布(バッグをご購入いただきましたお客さまには、付属のダストバッグを同封しております。)に包み、他の製品を密着させないようにして、湿度が低く風通しの良い光の当たらない所に保管して下さい。

- 時の経過や使用環境、保管環境によって、変色または製品内側素材の劣化の可能性はありますが、素材の特性上のものであることを予めご了承ください。

- 防虫剤の使用は避けてください。

- 皮革の光沢を損なわないよう、目の粗いものなどとの接触は避けてください。また、爪やアクセサリーなどによる引っかき傷がつきやすいため、お取り扱いにはご注意ください。

- 磁気式留具(マグネットなど)を使用した製品では、自動改札機用の切符や定期券、キャッシュカード等を留具に近づけると、磁気の影響で使用不能になることがあります。

上記は皮革を使用した全ての商品に共通する注意事項になります。

以下より、各素材の特徴および、注意事項を追記いたしますので、ぜひご参照ください。

Stickered up Capra and Stickered up Circus

革へ施したプリント技術が可能な限り永続するべく、職人と密に取り組みました。革の表面には表情があるため、プリント部分に小さな穴などを発見する場合もあるかもしれません。

全ての革は個々に特徴があり、使えば使うほど、しわや小さな変化が生じますが、これは自然の変化、老朽化の過程です。

良い状態を長く保つために、使用しないときは、日光や化学クリーナーによるダメージをできる限り避け、箱やダストバッグに保管し、水や熱にさらすのを防ぐことをおすすめします。

Alligator

インドネシア産のワニ革を使用しています。丈夫な皮質とワイルドな印象なので、とてもファッショナブルな素材として評価の高い素材になります。

お手入れ・保管方法

- 爬虫類ですので、デリケートな素材です。クリームを使用すると鱗の隙間に入ってしまうことがありますので、乾拭きでほこりや汚れを落としていただくことをお勧めいたします。

- 鱗が剥がれた場合、修理不可能となっておりますので予めご了承ください。

- 素材の特性上、経年により、スケール(鱗)が剥げたり、変色したりする可能性がございますが、これは天然素材ならではの特性となっておりますので、予めご理解ください。

Butter Calf

Butter Calf(バター・カーフ)は、厳選した上質な子牛革をゆっくりとなめすことで、柔らかく、しっとりとした質感が美しい素材です。きめが細かく、使い込むほどに味が出てきます。

お手入れ・保管方法

- とても柔らかいという素材の特性上、摩擦・水濡れ・汗などがキズ・シミ・変色の原因になります。ご使用の際はご注意ください。

- 素材の特性上、時の経過や使用環境、保管環境によっても変色することがありますので、予めご了承ください。特に淡色は、直射日光や蛍光灯に長時間あたると変色することがあります。

Box Calf

Box Calf(ボックス・カーフ)は、なめらかで均一な表面で人気のある仔牛の革ですが、19世紀のロンドンに実在した靴職人、ジョセフ・ボックスにちなみ名づけられたものが、ボックス・カーフです。この伝統的な方法でなめされた革は、表面にうっすらと四角形が残ることで判別できます。これは、革をやわらかくするために、革を何度もさまざまな方向に折りたたむことによってできるもの。私たちが用いるボックス・カーフは、「アニリン」仕上げと呼ばれるもので、カーフの自然な風合いを残したものです。

- とても柔らかいという素材の特性上、摩擦、水濡れ、汗などがキズ・シミ・変色の原因になります。ご使用の際はご注意ください。

Canvas

Canvas(キャンバス)は、軽く、柔軟で、実用的な素材です。また表面に傷がつきにくく、まさに現代の生活スタイルに適した素材となっています。

お手入れ・保管方法

- 汚れた場合には、洗剤を含ませ少量の中性たスポンジでやさしく拭いてから室温で乾かしてください。洗剤が残っていると、乾いた際に白い痕が残ることがありますので、水を含ませた布などでしっかりとふき取ってください。

- 湿気や温度が高く、風通しが悪い場所での保管・放置は避けてください。接着剤やエッジの塗料が緩み、表面の波打ちや色落ちの原因となります。

- 時の経過や使用環境、保管環境によって、内側に使用されている接着剤が浮き出し、黄ばみが発生することがあります。素材の特性上のものであることを予めご了承ください。

Circus

サーカスは、加工の工程をあまり感じさせない自然な風合いと、しっとりとしたスムースな表面が特徴です。革へ施したプリント技術が可能な限り永続するべく、職人と密に取り組みました。

お手入れ・保管方法

- 革の表面には表情があるため、プリント部分に小さな穴などを発見する場合もあるかもしれません。また、革は種類を問わず、自然に馴染み、また老朽化していくものです。

- 日光や化学クリーナーによるダメージをできる限り避け、ダストバッグに入れて保管することをおすすめします。

Crocodile

良質なワニ革を使用しています。丈夫な皮質とワイルドな印象なので、とてもファッショナブルな素材として評価の高い素材になります。

お手入れ・保管方法

- 爬虫類ですので、デリケートな素材です。クリームを使用すると鱗の隙間に入ってしまうことがありますので、乾拭きでほこりや汚れを落としていただくことをお勧めいたします。

- 鱗が剥がれた場合、修理不可能となっておりますので予めご了承ください。

- 素材の特性上、経年により、スケール(鱗)が剥げたり、変色したりする可能性がございますが、これは天然素材ならではの特性となっておりますので、予めご理解ください。

Goat (Capra)

Goat (Capra) (ゴート・カプラ)はイタリア屈指のなめし工場にて特別に制作なめしたやぎ革です。至難の業である革の色づけを得意とする職人が手掛けています。手触りはとても柔らかながら、長持ちすることで知られています。

お手入れ・保管方法

- 素材の特性上、時の経過や使用環境、保管環境によって革が縮んだり、変色することがありますので、予めご了承ください。

- 直接日光や直に熱の当たる場所に長時間置くと、製品の色褪せの原因になる事がありますので、ご注意ください。

Glitter

アニヤ・ハインドマーチのグリッターは、グリッター加工を施したキャンバスを、レザーに貼りあわせる手法を採用しています。その鮮やかな色あいと存在感たっぷりの表情は、どんなスタイルにもぴったりとフィットしてくれます。

お手入れ・保管方法

- この製品は、表面にラメプリントを施してあります。そのため素材の特性上、摩擦によりラメが脱落しやすい特徴があります。使用時には部分的な強い摩擦を避けるなど、取り扱いに注意して下さい。

- ご使用いただく上で、グリッターが自然とはがれることもありますが、この素材の特徴ですので予めご了承ください。

- 繊細なものや、淡い色の服と擦れないようにしてください。グリッターが移ってしまう可能性があります。

- グリッターで洋服を引っ掛けやすいため注意して使用することが必要です。

Hair

お手入れ・保管方法

- 毛流れに合わせてブラッシングしてください。逆立てますと毛が抜ける恐れがあります。

- 防水スプレーは素材が持っている油分により新品の間は効果が薄いため、しばらく経ちましてからご使用いただくことをおすすめいたします。

London Grain

London Grain (ロンドングレイン)

グレインレザーという革は、原皮のうちの真皮層を利用します。この真皮層の表皮に近い面を銀面といいますが、グレインレザーとはこの銀面をそのまま表面に使った革の事で、日本では銀付き革と呼ばれます。銀面に、揉み、薬品による収縮、型押し(エンボス)などの加工を加え、シボ(細かい凹凸)を有した革は、シボのパターンによりウィローグレイン、ボックスグレインなどと呼び、ロンドングレインはこの一種です。柔らかくて、滑らかな質感と艶のある革です。

お手入れ・保管方法

- 乾いた柔らかい布で軽く拭いて下さい。それでも落ちない時は、それぞれの素材にあったクリーナーを使用して下さい。

- レザークリームやローションなどのクリーナーを使用する際には、底面などの目立たない場所で少量を試してから全体に薄くのばすようにご使用ください。

Metallic Capra

お手入れ・保管方法

- 素材の特性上、時の経過や使用環境、保管環境によって革が縮んだり、変色することがありますので、予めご了承ください。

- 直接日光や直に熱の当たる場所に長時間置くと、製品の色褪せの原因になる事がありますので、ご注意ください。使用されない時は箱もしくは付属のダストバッグに入れて保管してください。

Nylon

Nylon(ナイロン)は、滑らかでシルクのような仕上りのファブリックです。とても長持ちし、ウォッシュバッグ、ラゲッジ、毎日使用するバッグなどに使われ、汚れてもすぐにふき取れる扱いやすい素材です。

お手入れ・保管方法

- 汚れた場合には、少量の中性洗剤を含ませたスポンジでやさしく拭いてから室温で乾かしてください。洗剤が残っていると、乾いた際に白い痕が残ることがありますので、水を含ませた布などでしっかりとふき取ってください。

- 皮革部分に影響がでるためドライクリーニングはしないでください。

Python

アミメニシキヘビという世界最長のヘビを使用しています。丈夫な皮質とワイルドな印象なので、とてもファッショナブルな素材として評価の高い素材になります。

お手入れ・保管方法

- 爬虫類ですので、デリケートな素材です。クリームを使用すると鱗の隙間に入ってしまうことがありますので、セーム用ケア商品などを用いて乾拭きでほこりや汚れを落としていただくことをお勧めいたします

- 鱗が剥がれた場合、修理不可能となっておりますので予めご了承ください。

- 素材の特性上、経年により、ヘビのスケール(鱗)が剥げたり、変色したりする可能性がございますが、これは天然素材ならではの特性となっておりますので、予めご理解ください。

Ready to Wear

Ready To Wear(レディ・トゥ・ウェア)は、コットン素材のカフタンを中心としたエスニックテイストのビーチコレクションや、クラシックな中にも可愛らしい、ひとひねり効いたデザインのニットやコート等のコレクションです。

お手入れ・保管方法

- それぞれの商品によって、お手入れ方法は異なります。商品の裏に縫いつけてあります絵表示をよくご確認のうえお取り扱いください。

- 皮革を使用している商品のクリーニングについては、しみ抜きのみ可能でドライクリーニングや水洗いが出来ない場合もございます。皮革専門のクリーニング業者へ直接お問い合わせください。

Satin

アニヤ・ハインドマーチでいうSatin(サテン)は、シルクサテンのことです。美しい光沢感と、滑らかな質感が特徴です。ドレスだけではなく、イブニングバッグにも好まれて使われる素材です。

お手入れ・保管方法

- 素材の特性上、時の経過や使用環境により表面が毛羽立ちます。予めご了承ください。

- 繊細な素材のため、摩擦、汗、水濡れなどが傷、シミ、変色の原因となりますので特にご注意ください。

- 汚れた場合は、織の流れに沿って柔らかい布で表面の汚れを拭き取ってください。

Suede

Suede(スエード)は、牛革の裏面をサンドペーパーで毛羽立てて、ベルベッド状に起毛させた、柔らかい革で、独特の風合いと高級感が魅力です。

お手入れ・保管方法

汚れた場合には、ブラッシングで埃をおとし、スエード専用の消しごむで汚れをこすって落とします。レザークリームなどは使用できませんのでご注意ください。

素材の特性上、摩擦・水濡れ・汗などが色落ち、シミの原因になります。淡色のお洋服をお召しの際や、雨の日のご使用については、特にご注意ください。