The Rope Collection



アニヤにとって、美しく結ばれた「ロープ」は思い入れのある存在。私たちのロゴ・マークも、ロープを結んだものなのですから。2020年夏のコレクションでは、ロープの歴史や工芸品としてのロープができるまで、そして、船乗りたちが長い航海のなかで、複雑な結び方を用い、遊びとして、あるいはお守りをつくるためにと磨いてきた、そうした技を訪ねてみたいと思います。

The Art of Craftsmanship


コレクションに含まれる、ロープを結んでかたちづくったチャームやストラップ、ハンドルは、むかしの船乗りが使ったようなバッグをヒントに、伝統的なロープの結び方に沿ったもの。長い時間をかけ、手仕事でひとつひとつを仕上げます。

なかでも『Trivet』トートに用いたロープは、34メートルもの長さ。手作業でそれぞれのパーツを縫い合わせ、これを組み上げて仕上げます。

The Art of Craftsmanship


コレクションに含まれる、ロープを結んでかたちづくったチャームやストラップ、ハンドルは、むかしの船乗りが使ったようなバッグをヒントに、伝統的なロープの結び方に沿ったもの。長い時間をかけ、手仕事でひとつひとつを仕上げます。

なかでも『Trivet』トートに用いたロープは、34メートルもの長さ。手作業でそれぞれのパーツを縫い合わせ、これを組み上げて仕上げます。

The Rope Neeson

人気の高い『Neeson』も、編み込んでいく手法は従来どおりながら、レザー・ストリングの代わりにロープを用いたモデルを追加しました。『Tall Tote』に用いるロープは、87メートルにも及びます。

Shop The Collection

Rope Neeson

人気の高い『Neeson』も、編み込んでいく手法は従来どおりながら、レザー・ストリングの代わりにロープを用いたモデルを追加しました。『Tall Tote』に用いるロープは、87メートルにも及びます。
Shop The Collection


On Location

今回のキャンペーン用の写真撮影は、ケント州チャタムの『Historic Dockyard』にある『Victorian Ropery』で行いました。英国海軍のロープ工場として、今も稼働している唯一の施設です。

400年の歴史を持ち、製造されたロープは数々の軍用船の艤装に用いられました。作業スペースの全長はなんと400メートルにも及び、220メートルもの長さのロープを作ることができ、これを用いれば、水深70メートル超の海にも船を係留することができるそうです。

The Windows

店舗のウィンドウには、英国のアーティスト、リア・ティアスタインによるロープを用いた作品をディスプレイしています。自然や伝統的な手仕事、そうしたものへのアーティストの思いをかたちにし、とてもデリケートな仕上がりとなりました。

The Windows

店舗のウィンドウには、英国のアーティスト、リア・ティアスタインによるロープを用いた作品をディスプレイしています。自然や伝統的な手仕事、そうしたものへのアーティストの思いをかたちにし、とてもデリケートな仕上がりとなりました。

An Inspiration

コレクションの準備を進めるなかで、ロープとその結び方に関する世界的権威であるデス・ポーソンの仕事に感銘を受けました。予約制の美術館として公開される彼の住居は、興味深いオブジェにあふれ、展示の量も英国一を誇ります。これらは、まもなくチャタムの『Historic Dockyard』へと移設されることになっているそうです。