I AM A Plastic Bag

「2007年の『I’m NOT a Plastic Bag』では一定のインパクトを残すことができましたが、使い捨てにされるプラスティックの問題が解決したわけではありません。しかしながら、単にプラスティックの使用を減らすよう「心がける」といったことから、ものをつくる過程に「循環」という考えを織り込むことへと、めざすところは移っていったのだと思います。そうしたことを考えながら、2年間を費やして生まれたのが『I AM A Plastic Bag』です」。

アニヤ・ハインドマーチ


地球上には80億トンのプラスティックがあるといわれますが、それを捨てようとしても、そんな場所は存在しないのです。小さな一歩かもしれませんが、すでにあるものを再利用することから『I AM A Plastic Bag』コレクションは生まれました。新たに開発したコットン・キャンバスを思わせる風合いのファブリックを用いたバッグ1つが、500ccのペットボトル32本を再利用することで生まれます。ファブリックの表面は、自動車などのフロントガラスをリサイクルした素材でコーティングを施し、長く使っていただけるデザインを採用しました。

Made-to-order I AM A Plastic Bag Tote

私たちは『Waste Not, Want Not(ムダなく使えば、こと足れり)』プロジェクトとして、今手もとにあるものを資源として活用し、廃棄物を減量することに取り組んでいます。今回、『I AM A Plastic Bag』を素材に、新たな取り組みを開始いたします。

『I AM A Plastic Bag』、4色の端布(はぎれ)状のファブリックをパッチワークに用いたトートです。ハンドル、トリミング、そしてロゴにはダーク・オリーブのレザーを用いています。また、ムダを省くという観点から、ご注文をいただいた数量を生産する方式とさせていただきます。

捨て去られていたかもしれないペットボトルを活用したファブリック、そして、そのファブリックをムダなく使うこと。それを可能にしたクラフツマンシップを実感していただける、そんなトートが誕生しました。

Personalisation


Our Statement

ロンドン・ファッション・ウィークの期間中、イベントを開催する代わりにロンドン市内の店舗を3日間休業し、店内を使用済みのペットボトルで埋めつくし、捨て去られるペットボトルへの注意を喚起します。必要となるボトルは90,000本以上、これをアニヤ・ハインドマーチのスタッフが身近な場所から集め、持ち寄ります。膨大な数に聞こえるかもしれませんが、英国内では8.5分ごとに、これだけの数のペットボトルがゴミ処理場へと運ばれているのです。

The Bottle-o-Meter

0
あなたがこのページに立ち寄ってくださった時点から、英国内で、これだけの数のペットボトルがゴミ処理場へと運ばれているのです。


How it’s Done

『I AM A Plastic Bag』を誕生させるまでには、2年の年月を要しました。実際のバッグができるまでをご覧ください。



Our Journey

『I AM A Plastic Bag』を誕生させるまでには、2年の年月を要しました。しかしながら、私たちの「旅」は、それをさらに10年以上遡る時点、『I’m NOT A Plastic Bag』を発表したときからはじまっていたのです。


『I AM A Plastic Bag』を誕生させるまでには、2年の年月を要しました。しかしながら、私たちの「旅」は、それをさらに10年以上遡る時点、『I’m NOT A Plastic Bag』を発表したときからはじまっていたのです。

アニヤ・ハインドマーチが2007年に手がけた『I’m NOT A Plastic Bag』は、広告代理店である「Antidote」、社会変革をめざす団体「We Are What We Do(現在のShift)」とのコラボレーションの一環として展開したプロジェクトでした。限定販売のキャンバス・トートの発売日には、英国のスーパーマーケット『Sainsbury’s』に8万人が列をなし、その後、各国の都市で同様の現象が続き、これが世界中のメディアで報じられたことから、プラスティック・バッグ(レジ袋)をめぐる議論を加速させることとなりました。英国では、その結果としてレジ袋の有料化へとつながりました。

英国内で、2006年に106億枚用いられていたレジ袋が、このキャンペーンを経て、2010年には61億枚にまで減ったという報告があります(The British Retail Consortiumによる)。スーパーマーケットの『Sainsbury’s』では、2007年からの2年間で、無料のレジ袋使用量を4割強(約3億枚)削減し、これは新たなプラスティック13,200トンの生成を抑制したことになるとのことです。



ニューズレターに登録

個人情報のお取り扱いについて
  • 『I AM A Plastic Bag』には、ペットボトルから生成した糸を織ってできたファブリックを用いています。現代のクラフツマンシップというべき技術です。
  • ペットボトルを分類し、砕き、洗浄した後にペレット状にしたものを、溶かし、繊維として取り出し、これを織ることでファブリックができあがります。
  • じょうぶさと耐水性を確保するために、このファブリックには、自動車などのフロントガラスをリサイクルした素材(PVB:ポリビニルブチラール)でコーティングを施しています。この技術の実用化は、おそらくはじめてのものと思われます。
  • バッグには、レザーを用いトリミングを施しています。当初、トリミングには合成皮革、あるいはリサイクルしたレザーを用いるというプランもありましたが、さまざまなリサーチの結果、こうした素材を用いることは、許容量以上のポリウレタンを使用することになるため、信頼できるサプライヤーによるレザーを用いることにしました。
  • 用いるレザーは、北イタリアのタンナリー(なめし工場)が食肉産業の副産物として提供しているものです。このタンナリーは、レザー・ワーキング・グループ(環境基準監査の国際団体)より「ゴールド」の評価を得ており、森林破壊にはつながらない放牧により育てられた、トレーサビリティを確保できる素材のみを用いています。
  • 金属パーツは、ステンレスにゴールド・カラーの被膜をPVDと呼ばれる手法でコーティングしています。これにより、通常の「メッキ」などとは異なり、廃液などの化学的な廃棄物を排出しません。

2年の歳月を費やし、新たな素材とコーティングの技術を、リサイクル技術の先駆的存在である台湾の企業とともに開発しました。この素材を用い、イタリア、フィレンツェの工房にて製品として完成させます。それは、ほかのコレクションのアイテム同様、しっかりとしたクラフツマンシップに裏打ちされた製品とし、長くお使いいただけることを願う気持ちからです。

用いるレザーは、イタリアで調達しています。現在は、リサイクル素材から生まれるファブリックをイタリアで生産すべく、パートナーをイタリア国内で探しています。その理由は、すべての素材をできるだけ狭いエリアで調達することが理想的だという考えからです。それも、そう遠くない日に実現することでしょう。つねに革新とは、完成形ではなく進行中のものなのですから。

Inspiring Stories

このプロジェクトを準備するなかで、廃棄物処理の問題と向き合っている「ブランド」と私たちは出会いました。詳しくは、クリックしてお進みください。

Ecoact Butterfly Mark Clean Tech Grundon First Mile
Positive Luxury - Brands to Trust

私たちは、アニヤ・ハインドマーチというブランドとそのビジネスが、サステイナブルであることをめざします。
そのうえで、私たちは「Positive Luxury」に対し、「Butterfly Mark」を申請し、これを受理しています。

私たちは、アニヤ・ハインドマーチというブランドとそのビジネスがサステイナブルであることをめざします。
そのうえで、私たちは「Positive Luxury」に対し、「Butterfly Mark」を申請し、これを受理しています。




ニューズレターにご登録ください

イベントやコレクション、ご登録のお客様のみにご案内するオンライン限定のキャンペーンなど、最新情報を配信しています。
商品到着のご案内から、店頭でのイベントやその舞台裏まで、アニヤ・ハインドマーチで起こっているすべてをお届けするemail、ニューズレターをぜひご購読ください。
英国
  • 英国
  • アメリカ
  • 日本
  • 香港
  • マレーシア
  • シンガポール
  • クウェート
  • アフガニスタン
  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アメリカ領サモア
  • アンドラ
  • アンゴラ
  • アングィラ
  • 南極大陸
  • アンチグアバーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • アルバ
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バーレーン
  • バングラデシュ
  • バルバドス
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • ベリーズ
  • ベニン
  • バミューダ
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブーヴェ島
  • ブラジル
  • イギリス領インド洋地域
  • ブルネイ・ダルサラーム国
  • ブルガリア
  • ブルキナファソ
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カメルーン
  • カナダ
  • カーボベルデ
  • ケイマン諸島
  • 中央アフリカ共和国
  • チャド
  • チリ
  • 中国
  • クリスマス島
  • ココス諸島
  • コロンビア
  • コモロ
  • コンゴ
  • コンゴ民主共和国
  • クック諸島
  • コスタリカ
  • コートジボワール
  • クロアチア
  • キューバ
  • キプロス
  • チェコ
  • デンマーク
  • ジブチ
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • 東ティモール
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • 赤道ギニア
  • エリトリア
  • エストニア
  • エチオピア
  • フォークランド諸島
  • フェロー諸島
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • 仏領ギアナ
  • フランス領ポリネシア
  • フランス南部領
  • ガボン
  • ガンビア
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ガーナ
  • ジブラルタル
  • ギリシャ
  • グリーンランド
  • グレナダ
  • グアドループ島
  • グアム
  • グアテマラ
  • ガーンジー島
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ハード島とマクドナルド諸島
  • ホンジュラス
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラク
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • ジャージー
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • 北朝鮮
  • 韓国
  • キルギスタン
  • ラオス
  • ラトビア
  • レバノン
  • レソト
  • リベリア
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ
  • マケドニア
  • マダガスカル
  • マラウイ
  • モルディブ
  • マリ
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • マルティニーク島
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • マヨット島
  • メキシコ
  • ミクロネシア連邦州
  • モルドバ共和国
  • モナコ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モントセラト
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ミャンマー
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • オランダ領アンティル
  • ニューカレドニア
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • ニジェール
  • ナイジェリア
  • ニウエ
  • ノーフォーク島
  • 北マリアナ諸島
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パレスチナ自治政府
  • パナマ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ピトケアン島
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • カタール
  • レユニオン島
  • ルーマニア
  • ルワンダ
  • セントクリストファー・ネイビス
  • セントルシア
  • セントビンセントおよびグレナディーン諸島
  • サモア
  • サン・マリノ
  • サントメプリンシペ
  • サウジアラビア
  • セネガル
  • セイシェル
  • シエラレオネ
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • ソマリア
  • 南アフリカ
  • サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島
  • スペイン
  • スリランカ
  • セントヘレナ
  • サンピエール島・ミクロン島
  • スーダン
  • スリナム
  • スバールバル諸島とヤンマイエン島
  • スワジランド
  • スウェーデン
  • スイス
  • シリアアラブ共和国
  • 中華民国
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • 行く
  • トケラウ諸島
  • トンガ
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • タークス・カイコス諸島
  • ツバル
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • アメリカ合衆国外諸島
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • 聖座
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • イギリス領バージン諸島
  • バージン諸島、米国
  • ワリー・エ・フトゥーナ
  • 西サハラ
  • イエメン
  • ユーゴスラビア
  • ザンビア
  • ジンバブエ