『I AM A Plastic Bag』の開発に際して、廃棄されるものを減らすということを心がけるなかで、廃棄ということと無縁のバッグを作ることはできないのかな、と考えはじめたのです。

アニヤ・ハインドマーチ

Arizona Muse and DIRT

今回のプロジェクト『Return to Nature』は、アニヤ・ハインドマーチが環境活動家のアリゾナ・ミューズにインスパイアされスタートしたものですが、アリゾナが運営する団体『DIRT』では、耕地を減衰させることなく、土壌を健康に、肥沃にしていく循環型農業の普及に取り組んでおり、コレクションの売り上げの一部を『DIRT』に寄付します。

The Collection

コレクションは、トート、バケット・バッグとクロスボディの3種類からなり、いずれのアイテムも2色での展開です。どれもが、柔らかく、たっぷりの容量を確保し、機能的な収納を内部に用意しています。先進的な技術で仕上げたレザーを用いているため、使用するうちに、ひとつひとつが個性を感じさせる表情になっていきます。雨粒がシミになったりすることを防ぎ、レザーに養分を補給し長持ちさせることのできる、専用の『Chambers Wax Polish』が付属します。

*コレクションのお取り扱いは、オンラインストアおよびポップアップのみとなります。

The Journey

将来的に廃棄物を限りなくゼロに近づけること。自然界の循環ということに思いを致すこと。そうしたことを念頭においた2年の開発期間が必要でした。まずは、トレーサビリティが確保されているレザーを手配することができ、最先端のなめしと仕上げの技術に精通しているタンナリーを探すこと。そして、ハードウェアを用いず、しっかりとバッグを閉じることができ、ストラップの長さを調節できる方法を編み出すことが必要だったのです。

The Results

革は、従来のクロム(生分解を妨げるといわれます)などを用いる方法ではなく、新たに開発された「zeology」という手法でなめされ、重金属やアルデヒドを含みません。そして、ポリウレタンなどでのコーティングは施さず、蚕の体内に存在する「液状絹」を仕上げに用いています。これにより、28日間でその9割近くが生分解されるとされています(実験では、45日でコンポスト状態に達しました)。

Return To Nature by Numbers

The Partners

今回のコレクションは、ドイツの家族経営のタンナリー『Richard Hoffmans(1899年創業)』、オランダに拠点を置く『Nera(1821年創業のSmit & Zoon社の一部門)』とのコラボレーションの結果、生まれたものです。原材料は『Scan-Hide』社のスウェーデンの工場より、動物保護の観点において最高水準の基準を満たしたものが提供されます。

FAQs