Care Information

アニヤ・ハインドマーチでは、アイテム一つひとつに高品質の素材を用いて、素材本来が持つ美しさを感じていただけるよう努めています。ご愛用いただく中での経年変化は自然のものであり、そのアイテムだけに宿る特別なストーリーです。より良い状態で長くお使いいただくために、ここではお取り扱い・お手入れの方法をご紹介いたします。

一般的なお取り扱い上の注意

レザー

革には個体差があり、時間の経過と共に表面に変化が発生することがありますが、これは自然な現象です。またお使いいただくうちに、シワやたわみなどが生じることがあります。天然素材ゆえの経年変化であり、素材上の特性であることをあらかじめご理解ください。

皮革の光沢を損なわないよう、目の粗いものなどとの接触は避けてください。また、爪やアクセサリーなどによる引っかき傷がつきやすいため、お取り扱いにはご注意ください。

防虫剤の使用は避けてください。

より良い状態で長くお使いいただくために、水分や直射日光を避け、お使いにならないときは通気性が良く、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。熱や摩擦は、色褪せ・変形・劣化の原因となることがありますのでご注意ください。

保管の際は、通気性の良い布や袋に包み、他の製品を密着させないようにしてください。

『RETURN TO NATURE』コレクションのレザー

コレクションで用いるレザーは、先進的な技術を持つタンナリーによって、アニヤ・ハインドマーチのために供給されます。また、生分解を妨げないなめしやコーティング方法を使用しているため、皮革がもともと持つ表情がより分かりやすく出ています。

このレザーは長くご使用いただく間に、風合いと美しさを増していきます。天然のレザーが素材ですから、上質な革靴と同様にお手入れが必要です。このコレクション用に開発された『Chamber』社のワックスを用いることで、雨粒などでシミができることを防ぎ、養分を補います。ワックスを塗ると、1~2時間のあいだレザーの色が濃くなりますが、ワックスがレザーに吸収された後は、元の色合いにもどります。

天然草木などの素材

天然素材を使用したアイテムをより良い状態で長くお使いいただくために、摩擦や水濡れ、を避けてご使用下さい。油分や香水、化粧品に触れると変色する場合がありますのでご注意ください。

お使いにならないときは通気性が良く、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。

過度に重量のあるものを入れる、またはアイテムの中へものを詰めすぎると、型崩れの原因となります。

商品の特性上、本体の編み終わりの段差があるものもございますので、洋服やその他への引っ掛けには十分にご注意下さい。

色移り(移染)

レザーやその他の天然素材を使用しているアイテムは、汗や雨などの水濡れ、摩擦により色落ちして、洋服や他の製品に移染する場合があります。熱や直射日光、水分を避けてご使用することをおすすめします。

濡れた場合は、早めに柔らかい布で軽くおさえるようにして、水気を取ってから陰干しして下さい。

その他

マグネットを使用した留具に、自動改札機用の切符や定期券、キャッシュカード等を近づけないようご注意下さい。磁気の影響で使用不能になることがあります。

装飾のお取り扱い上の注意

レザーへのプリント

レザーへ施したプリントが可能な限り長く保たれるよう、職人と技術の開発に密に取り組みました。プリント部分に小さな穴などが見受けられる場合がありますが、これは皮革の表面の持つ、それぞれの表情です。またお使いいただくうちに、経年変化として退色や擦れが発生します。

より良い状態を長く保つために、使用しないときは箱や通気性の良い袋に保管し、直射日光や化学クリーナーによるダメージをできる限り避け、水や熱にさらすのを防ぐことをおすすめします。

ビーズ・スパンコール装飾

装飾部分は大変デリケートです。洋服にひっかき傷などを生じさせる場合や、水分を含むことで装飾がはがれる場合もありますので、お取り扱いにはご注意下さい。また、小さなパーツを用いておりますので、3歳未満のお子さまが触れることのないようご注意願います。

ハンドメイドのパーツを用いていますので、色や仕上げに個体差がありますことをご承知おきください。

ロープ製のアクセサリー

ロープ製のアクセサリーは、セーリング用のロープを使用して一つひとつ手作業で編み上げています。お使いいただくうちに色が濃くなったり、スレが発生する場合がありますが、これは自然の経年変化です。汚れた際は、濡らして固く絞った柔らかい布でふき取り、自然乾燥させてください。

お手入れの方法

レザー

汚れた場合は、革の種類によってお手入れ方法が異なります。一般的には馬毛ブラシなどソフトなブラシにてホコリや汚れを落とす、もしくは乾いた柔らかい布で軽く拭いて下さい。それでも落ちない時は、それぞれの素材にあったクリーナーを使用して下さい。

ベンジン、シンナーなどの揮発性溶剤は使用しないで下さい。

『RETURN TO NATURE』コレクションのレザー

付属する『Chamber』社のワックスを使用してお手入れを行って下さい。ワックスは、全体に均一に薄く塗布し、付属のクロスで拭いてください。

ワックスを塗ると、1~2時間のあいだレザーの色が濃くなりますが、ワックスがレザーに吸収された後は、元の色合いにもどります。

ワックスが完全に吸収されるまでは24時間程度かかります。ワックスを塗った後は十分にお時間をあけてから、アイテムをご使用下さい。

再生繊維

汚れた際は、濡らして固く絞った柔らかい布でふき取ってください。直射日光や熱は避けてのご使用をおすすめします。濡れた場合は早めに柔らかい布で軽くおさえるようにして、水気を取ってから陰干しして下さい。

スエード

汚れた場合には、ブラッシングで埃をおとし、スエード専用の消しごむで汚れをこすって落とします。レザークリームなどは使用できませんのでご注意ください。

素材の特性上、摩擦・水濡れ・汗などが色落ち、シミの原因になります。淡色のお洋服をお召しの際や、雨の日のご使用については、特にご注意ください。

メタリック・レザー

メタリック仕上げはデリケートで、摩擦や水濡れが色落ちの原因となります。汚れた場合は、乾いた柔らかい布で優しく拭いてください。この方法で落ちない汚れは、クリーニング専門店へのご相談をおすすめします。

ご使用いただくうちに、メタリック仕上げが曇ったり、退色や擦れが発生することがあります。また素材の特性上、革が縮んだり、変色することがありますのであらかじめご了承ください。

キャンバス素材

汚れた場合には、少量の中性洗剤を含ませたスポンジでやさしく拭いてから、自然乾燥させてください。洗剤が残っていると、乾いた際に白い痕が残ることがあります。水を含ませた布などでしっかりとふき取ってください。

丈夫な素材を用いておりますが、より良い状態で長くお使いいただくために、熱や湿気を避けて、お使いにならないときは通気性が良く、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。熱や摩擦は劣化の原因になることがありますのでご注意ください。

ウール

洗濯表示のあるアイテムのお手入れは、洗濯表示に従って行ってください。

濡れた場合は乾いた布ですぐに拭き取り、風通しの良い場所で陰干ししてください。

素材の特性上、使用や洗濯時の摩擦により毛羽立ち、毛玉が発生し、毛羽や毛玉が脱落したり、他のものに付着することがあります。長期保管する場合は、お手入れ後、直射日光、高温多湿を避け、通気性の良い場所で保管してください。

サテン

シルクサテンを用いたアイテムは、汚れた場合、織の流れに沿って柔らかい布で表面の汚れを拭き取ってください。この方法で落ちない汚れは、クリーニング専門店へのご相談をおすすめします。素材の特性上、摩擦には十分ご注意ください。傷や糸つれが目立つ場合があります。

シルクサテンは紫外線により変色する可能性がありますので、直射日光を避けて使用・保存してください。

シルクサテンを長期保管する場合は、お手入れ後、直射日光、高温多湿を避け、通気性の良い場所で保管してください。その際、不織布のケースやシルク専用の保存袋に入れることをおすすめいたします。

繊細な素材のため、摩擦、汗、水濡れなどが傷、シミ、変色の原因となりますので特にご注意ください。

その他のサテン地は、汚れた場合、織の流れに沿って柔らかい布で表面の汚れを拭き取ってください。この方法で落ちない汚れは、クリーニング専門店へのご相談をおすすめします。

より良い状態を保つため、保管の際は直射日光や高温多湿を避け、通気性の良い場所で保管してください。

ナイロン

汚れた場合には、少量の中性洗剤を含ませたスポンジでやさしく拭いてから室温で乾かしてください。洗剤が残っていると、乾いた際に白い痕が残ることがありますので、水を含ませた布などでしっかりとふき取ってください。

水濡れには比較的強い素材ですが、防水ではありません。過度な水分、熱や摩擦は劣化の原因になることがありますのでご注意ください。

より良い状態で長くお使いいただくために、熱や湿気を避けて、お使いにならないときは通気性が良く、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。

パテントレザー

レザーをエナメルコーティングしたパテントレザーは、撥水性・防汚性が高い素材です。汚れた場合、柔らかい布で拭いてください。

使用とともにエナメルコーティングが劣化する場合があります。傷や湿気、急激な温度変化は劣化を早めてしまう可能性がありますので十分ご注意ください。

より良い状態で長くお使いいただくために、熱や湿気を避けて、お使いにならないときは通気性が良く、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。

グリッター

摩擦はグリッターが剥がれ落ちる原因となりますのでご注意ください。グリッターの粒子は繊細な素材に引っ掛けを生じさせる場合がありますので、着用の際にはご注意ください。

ベルベット

軽い汚れは、柔らかい乾いた布で優しく拭いてください。この方法で落ちない汚れは、クリーニング専門店へご相談下さい。

素材の性質上、お使いいただくうちに薄くなる部分が生じます。特に角の部分にこの傾向が現れやすいことを、あらかじめご了承願います。また、バッグやポケット内にベルベットより生じる細かい糸くず状のものが付着する場合があります。

より良い状態で長くお使いいただくために、熱や湿気を避けて、お使いにならないときは通気性が良く、光の当たらない場所で保管することをおすすめします。